本ウェブサイトとサービスを快適にご利用いただくため、また、本ウェブサイトとサービスがどのように活用されているのかを当機構で詳しく把握するために、Cookie を使用しています。引き続き本サイトをご利用いただいた場合、Cookieの使用に関して同意されたものとみなされます。

入学資格の評価全般についての質問

Q:偽の証明書がネット上で購入できるとの情報を聞きました。提出された証明書の信頼性をどのように担保すればよいでしょうか。

A:証明書の偽造は世界的な問題となっています。

証明書を受領する側ができる対策の例として、

  1. 厳封された紙の証明書を発行機関から直接送付してもらう。
  2. 証明書を発行機関から電子データで直接送付してもらう
  3. 証明書の内容を(申請者ではなく)発行機関に直接確認する
  4. 発行国や発行機関等が運営するデータベースで証明書の内容を確認する

といった方法により、提出された証明書の信頼性の確認が行われています。

また、書類偽造への対策をまとめた資料も多く公開されています。以下の記事を参考にしてください。

  1. 外国の学歴証明書を審査するときの大原則と4つのポイントーWES白書
  2. 偽造書類による就職防止のためのツールキット公表
  3. 欧州:学歴詐称に立ち向かう入学・採用現場の人へ―「偽の学位」を見分ける5ステップ
  4. 留学生の適切な入学審査のために―ディプロマミルから証明書のトレンドまで