本ウェブサイトとサービスを快適にご利用いただくため、また、本ウェブサイトとサービスがどのように活用されているのかを当機構で詳しく把握するために、Cookie を使用しています。引き続き本サイトをご利用いただいた場合、Cookieの使用に関して同意されたものとみなされます。

Q&A

入学資格の評価全般についての質問

Q:国際連携学科(ジョイント・ディグリー)において、相手大学(外国)では入学資格が認められますが、日本の入学資格を満たしていない方の場合、入学を認めてよいのでしょうか?

A:入学資格は、日本の大学等へ入学するための最低の要件になり、国際連携学科の場合であってもその考え方が変わることはありません。

我が国の大学と外国の大学間におけるジョイント・ディグリー及びダブル・ディグリー等国際共同学位プログラム構築に関するガイドライン」(※)でお示ししているとおり、相手大学(外国)で入学資格が認められている方であっても、日本の入学資格を満たしていない場合、入学は認められません。

(※)ガイドラインの P14(抜粋)

〇 JD の学生については、二重学籍として、我が国の大学の学生であるとともに外国の大学の学生でもあることから、その入学資格については、学校教育法等で定める我が国の大学への入学資格を満たす必要があるとともに、併せて連携外国大学における入学資格についても満たす必要がある。

(このQ&Aは、文部科学省高等教育局大学振興課法規係作成『大学入学資格ガイド』から引用しています)