本ウェブサイトとサービスを快適にご利用いただくため、また、本ウェブサイトとサービスがどのように活用されているのかを当機構で詳しく把握するために、Cookie を使用しています。引き続き本サイトをご利用いただいた場合、Cookieの使用に関して同意されたものとみなされます。

役に立つサイトへのリンク

1. 各国の教育制度等をまとめたサイト

世界の学校体系(ウェブサイト版) (文部科学省、日本語)

文部科学省がまとめた世界108か国の教育制度に関する資料。各教育段階の修業年限、学校系統、授与される資格などを記載。

インフォメーション・パッケージ (NIAD-QE、日本語、一部英語)

大学改革支援・学位授与機構(NIAD-QE)がまとめた世界16か国の高等教育制度と質保証制度に関する資料。

各国・地域の質保証の基本情報 (NIAD-QE、日本語)

大学改革支援・学位授与機構(NIAD-QE)がまとめた世界12か国の質保証に関するリンク集。正規の高等教育機関リスト、各国・地域の概況や評価結果などのリンクを掲載。

Banca dati dei sistemi universitari (CIMEA、イタリア語)

イタリアのNICであるCIMEAが、国内の教育機関のために集めた世界50か国の高等教育に関する資料。

National Education Systems (Eurydice、英語)

Eurydiceネットワークがまとめた、欧州38か国の一般的な教育情報。各教育課程のISCEDレベルも示されている。

NOKUTs landdatabase (NOKUT、ノルウェー語)

ノルウェーのNICであるNOKUTが、同国の高等教育資格と同等となる世界198か国の資格を掲載。さらに、一般的な各国の教育の制度の紹介もしている。教員養成や質保証への言及もある。

Education systems (Nuffic、英語、オランダ語)

オランダのNICであるNufficが提供する、世界90か国の教育制度をまとめた資料。証明書の見本や各国資格とオランダの資格の同等性に関する対応の記載もある。

Sistemas Educativos Nacionales (OEI、スペイン語)

OEI (Organization of Ibero-American States)が提供する、イベロアメリカ圏(スペインとポルトガルの旧植民地)21か国の教育制度に関する資料。教育関係法令も掲載。

Refugees and Recognition – An Erasmus+ Project (NOKUT、英語)

難民の発生が多い5か国(アフガニスタン、エリトリア、イラク、リビア、シリア)の状況や最新の教育制度情報を掲載。難民が持つ資格を審査するためのツールキットも公表。 

REACT – Refugees and Recognition – An Erasmus+ Project (NOKUT、英語)

難民の発生が多い5か国(イラン、エチオピア、ソマリア、ベネズエラ、コンゴ民主共和国)の状況や最新の教育制度情報を掲載。

IQAS International Education Guides (アルバータ州政府、英語)

カナダ・アルバータ州政府の機関による、世界13か国の教育制度をまとめた資料。国の歴史や制度の変遷にも言及。

The Nordic-Baltic Admission Manual (NORRIC、英語)

北欧とバルト三国各国の高等教育機関と資格の説明を掲載。各国NICが情報を提供。現地語での名称、教育課程の系統図の記載などもある。

Landehåndbogen: Generelle vurderinger og uddannelsessystemer (デンマーク語)

デンマークのNIC(高等教育研究省)が公開する、世界36か国の教育制度をまとめた資料。デンマークの資格との同等性に関する記述もある。

掲載国:オーストラリア、バングラデシュ、ブラジル、ブルガリア、カメルーン、エストニア、エチオピア、フィリピン、フィンランド、フランス、ガーナ、インド、イラク、イラン、アイスランド、イタリア、中国、リトアニア、モロッコ、ネパール、ナイジェリア、ノルウェー、パキスタン、ポーランド、ルーマニア、ロシア、スペイン、イギリス、スウェーデン、シリア、タイ、トルコ、ドイツ、ウクライナ、アメリカ合衆国

Eksamenshåndbogen: Adgang til videregående uddannelse (デンマーク語)

世界157か国の中等教育修了試験に関する情報を掲載。試験の構成、成績、証明書類などの説明は、日本の関係者にも参考となりうる。

Utländska gymnasiala (スウェーデン語)

スウェーデンのNIC (UHR)による世界150か国以上の中等教育とその修了資格に関する情報を掲載。旧制度に関する情報のほか、修業年限、修了資格、証明書類、成績評価などについて知ることができる。

大学入学資格ガイド (日本語)

文部科学省が作成した大学への入学資格の内容、Q&A、参考資料などをまとめたPDFファイル。

ISCED Mappings (英語)

国際教育分類(ISCED: International Standard Classification of Education)は、ユネスコ統計研究所が開発した世界の教育課程に関するデータ比較のために用いられる枠組み。現在は2011年の改訂版が用いられている。教育課程及びそれらが提供する資格が分類コード(三桁数字)とともに一覧化されている。

Q-ENTRY Databaseon Higher Education Entry Qualifications (英語)

欧州諸国など56の国や機関で提供されている、高等教育への進学が可能な中等教育修了相当の資格を検索できるデータベース。資格ごとに修業年限や証明書のサンプル画像などの詳細情報も閲覧できる。欧州委員会からの助成を受けたプロジェクトによって作成。

Education System Profiles (World Education Services、英語)

北米で外国資格評価を行う非営利団体WESが提供する、世界40か国以上の教育制度の紹介。近年の動向、教育制度(教育段階別)、成績評価制度、質保証制度、資格評価の際に必要な書類などがまとめられている。

Country Profiles -UNESCO (APNNICポータル、英語)

高等教育の資格の承認に関するアジア太平洋地域規約(東京規約)加盟国の国内情報センターネットワーク(APNNIC)が提供する、各国の教育制度、質保証制度、高等教育機関の一覧などに関する資料。

2. 資格の同等性を紹介するサイト

Lista de graus emanada pela Comissão de Reconhecimento de Graus Estrangeiros (ポルトガル語)

欧州30か国の学位がポルトガルのどの学位と同等かを示す一覧表。現地語での資格の名称も記載されており、調べたい学位のレベルの見当がつけられる。

GSU-listen (ノルウェー語)

ノルウェーのNICが公表する、同国の大学に入学できる世界220か国の資格のリスト。日本の場合は高等学校卒業後、1年間の大学教育が必要となるなど、日本の場合にはそのまま当てはめることはできない。英語試験の結果が必要かどうかにも言及がある。ノルウェー語だが、表の理解は難しくない。

Country Resources (英語)

世界133ヶ国の成績とアメリカの成績の読み替え表を提供。シンプルで検索しやすい。国によってはWESが作成した教育制度などの資料を見ることもできる。WESは外国の資格を評価するアメリカとカナダの老舗企業。

NOKUTs landdatabase (ノルウェー語)

ノルウェーのNICであるNOKUTが、同国の高等教育資格と同等となる世界198か国の資格を掲載。さらに、一般的な各国の教育の制度の紹介もしている。教員養成や質保証への言及もある。

Education systems (英語、オランダ語)

オランダのNICであるNufficが提供する、世界90か国の教育制度をまとめた資料。証明書の見本や各国資格とオランダの資格の同等性に関する対応の記載もある。

Assessment database (説明は英語、データはデンマーク語)

デンマークのNIC(高等教育研究省)が過去に行った外国資格の審査履歴のデータベース。審査した資格のプロファイルに続き、同等とみられるデンマークの資格と補足説明も公開されている。

General assessments for specific countries (英語)

デンマークのNIC(高等教育研究省)が提供。世界29か国の教育資格と、それと同等のデンマークの資格を紹介。

International qualifications for entry to undergraduate programmes (英語)

デンマークの学士レベルの課程に入学できる世界157か国の資格を掲載。

Qualifications Assessment Tool (英語)

スウェーデンのNIC (UHR)が提供。世界50か国以上の教育資格とスウェーデンの資格の比較を掲載。資格ごとに原語での名称、概要、資格枠組上のレベル、外部リンクといった詳細も見ることができる。