JP EN
JP EN
A A A
サイト内検索

本ウェブサイトとサービスを快適にご利用いただくため、また、本ウェブサイトとサービスがどのように活用されているのかを当機構で詳しく把握するために、Cookie を使用しています。引き続き本サイトをご利用いただいた場合、Cookieの使用に関して同意されたものとみなされます。

2022.02.14 文部科学省が令和3年度学校基本調査結果を公表

日本の情報

令和3年12月22日付で、文部科学省より令和3年度学校基本調査の結果(確定値)が公表され、同年8月27日に速報値として公表されたものの一部の数値が、確定値として更新されました。
学校基本調査とは、文部科学省が日本の統計法に基づき、学校に関する基本事項を調査し、学校教育行政上の基礎資料を得ることを目的として、昭和23年度より毎年実施されているものです。

令和3年度学校基本調査の概要
1)調査期日:令和3年5月1日現在
2)調査対象:幼稚園、幼保連携型認定こども園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学、短期大学、高等専門学校、専修学校、各種学校、市町村教育委員会
3)調査項目:学校数、在学者数、教員数、卒業者数、進学者数、就職者数等

今回公表された調査結果のポイントは以下のとおり。

1.初等中等教育機関,専修学校・各種学校
・ 小学校、各種学校の在学者数が過去最少。
・ 幼保連携型認定こども園、義務教育学校、中等教育学校、特別支援学校の在学者数が過去最多。
・ 幼稚園、高等学校の在学者数は前年度より減少。
・ 中学校、専修学校の在学者数は前年度より増加。
・ 教員全体に占める女性の割合は、中学校、高等学校、特別支援学校でそれぞれ0.3~0.4ポイント上昇し、過去最高。

2.高等教育機関
・ 大学学部の在学者数が過去最多で、そのうちの女子学生の割合(45.6%)は前年度より0.1ポイント上昇し、過去最高。
・ 短期大学の在学者数は前年度より5千人減少。
・ 専門学校の在学者数は前年度より3千人増加。
・ 大学全体の女性教員数(約5万人)は前年度より1千人増加で過去最多。教員全体に占める女性の割合(26.4%)は前年度より0.5ポイント上昇し、過去最高。

3.卒業後の進路
・ 後期中等教育卒業者の高等教育機関(大学[学部]・短期大学[本科]・高等専門学校4年生・専門学校)への進学率(83.8%)は前年度より0.3ポイント上昇し、過去最高。
・ 大学(学部)卒業者の大学院等への進学率は11.8%で前年度より0.5ポイント上昇。
・ 大学(学部)卒業者に占める就職者の割合は74.2%で前年度より3.5ポイント低下。
・ 修士課程修了者の大学院等への進学率は10.1%で前年度より0.3ポイント上昇。
・ 修士課程修了者に占める就職者の割合は75.8%で前年度より2.1ポイント低下。
・ 博士課程修了者に占める就職者の割合は68.4%で前年度より1.4ポイント減少し、8年ぶりに減少に転じた。

出典:
学校基本調査-令和3年度 結果の概要―(文部科学省ウェブサイト)
学校基本調査の概要(文部科学省ウェブサイト)