JP EN
JP EN
A A A
サイト内検索

本ウェブサイトとサービスを快適にご利用いただくため、また、本ウェブサイトとサービスがどのように活用されているのかを当機構で詳しく把握するために、Cookie を使用しています。引き続き本サイトをご利用いただいた場合、Cookieの使用に関して同意されたものとみなされます。

2022.01.17 TAICEP2021年次会合にセンター教職員が参加

NICの活動

2021年1025日~1119日にかけてTAICEP2021年次会合がオンラインで開催され、当センターの教職員が参加しました。 

*TAICEP: The Association for International Credential Evaluation Professionals 

TAICEP は2013年設立の国際的な資格の評定を専門とする会員制組織で、2015年から毎年会合を開催しています。当センターは会合に継続的に参加しており、前回(2020年)は初めて会合で発表の機会を持ちました。今回も堀田高等教育資格承認情報センター長とセンター職員が「Update on Japans Educational System and Higher Education Qualifications」と題するセッションで発表を行いました。セッションでは、高等教育の資格の承認に関するアジア太平洋地域規約(通称:東京規約)アジア太平洋国内情報センターネットワーク(APNNIC)、当センターの紹介に加えて日本の教育制度・高等教育資格の最新情報について発表を行い、質疑応答も活発に行われました。 

会合では、1週間ごとにテーマが設けられ、アジアと中東、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカとカリブ諸国の4つのテーマで、各平日に3つ程度のセッションで構成されました。 

中国の職業教育改革やインドの新教育政策(NEP[The National Education Policy]2020)など、各国の教育制度に関する最近の情報提供から、マイクロクレデンシャルや国境を越えた教育(TNE)、他国の職業資格の評定・承認などの国際的な話題に対する動向や課題まで、多岐に渡る講演が行われました。