本ウェブサイトとサービスを快適にご利用いただくため、また、本ウェブサイトとサービスがどのように活用されているのかを当機構で詳しく把握するために、Cookie を使用しています。引き続き本サイトをご利用いただいた場合、Cookieの使用に関して同意されたものとみなされます。

基本情報・教育制度の概要

教育制度の概要

日本の教育制度は、就学前教育に始まり、初等教育6年間、中等教育6年間(前期中等教育3年間、後期中等教育3年間)を経て、多様な高等教育段階へと接続する。このうち、初等教育と前期中等教育にあたる9年間の学校教育が、義務教育となっている。

日本には就学前教育を提供する幼稚園、保育所及び認定こども園、また初等中等教育段階における代表的な教育機関として、初等教育を提供する小学校、前期中等教育を提供する中学校、後期中等教育を提供する高等学校がある。障害のある幼児児童生徒のための特別支援学校(幼稚部、小学部、中等部、高等部)もある。

このほか、1998年に中等教育学校(6年間の中等教育を提供)、2016年に義務教育学校(初等教育+前期中等教育)の設置が可能となった。

なお、後期中等教育には、中等教育学校(後期課程)及び高等学校におかれる、夜間その他特別の時間又は時期において授業を行う定時制(課程)、通信による教育を行う通信制(課程)もあるほか、高等専修学校(専修学校の高等課程)が存在する。

高等教育機関の種類、高等教育資格、進学等の詳細については、次節以降を参照。

日本の学校系統図

Japanese-education-system(JP)_1552x2059


学年度と学期制

小学校、中学校、高等学校等の初等・中等教育機関と高等専門学校の学年は、法令の定めにより、4月1日に始まり3月31日に終わる。大学と専修学校は、それぞれの学長又は校長が学年の始期および終期を定める。また、高等学校、特別支援学校高等部、大学は、学年の途中でも、学期の区分に従い、生徒・学生を入学及び卒業させることができる。

日本の多くの大学は2学期制(前期4~9月、後期10~3月)を取り入れているが、3学期制や4学期制を導入している大学もある。

(参考)4月以外に入学が可能な大学(2019年度)
    大学(学士課程):244大学(全体の33%)
    大学院     :325大学(全体の52%)

   <出典>文部科学省「大学における教育内容等の改革状況について(令和元年度)

高等教育の統計

(2021年5月1日現在)

高等教育機関数

国立 公立 私立 合計
大学*1 86 98 619 803
短期大学 --- 14 301 315
高等専門学校 51 3 3 57
専門学校(専門課程を置く専修学校)*2 8 183 2,563 2,754
省庁大学校*3 3 --- --- 3

高等教育機関在籍学生数

国立 公立 私立 合計
大学*1 597,450 160,438 2,160,110 2,917,998
短期大学 --- 5,363 96,869 102,232
高等専門学校 51,316 3,772 1,817 56,905
専修学校専門課程*2 296 22,538 584,195 607,029

教職員数(本務者)

国立 公立 私立 合計
大学*1 本務教員数 63,911 14,338 112,199 190,448
本務職員数 87,697 19,098 152,016 258,811
短期大学 本務教員数 --- 404 6,611 7,015
本務職員数 --- 173 3,714 3,887
高等専門学校 本務教員数 3,645 289 151 4,085
本務職員数 2,566 87 54 2,707
専修学校専門課程*2 本務教員数 76

2,697

34,290 37,063

<出典> 文部科学省「学校基本調査ー結果の概要」

*1 大学院を含む

*2 公立には専門学校である農業大学校32校を含む。

*3 「高等教育の資格の承認に関するガイドライン~高等教育の資格の承認に関するアジア太平洋地域規約」(2019年文部科学省)で定義される機関のみ。在籍学生数、教員数については公表された統計データなし。

外国人留学生在籍状況

外国人留学生在籍状況(日)_1654x1322

日本人学生海外派遣状況

日本人学生の海外派遣状況(日)_964x703

高等教育に関する主な法令

※各機関種別の設置基準は質保証制度のページにリンクがあります。