本ウェブサイトとサービスを快適にご利用いただくため、また、本ウェブサイトとサービスがどのように活用されているのかを当機構で詳しく把握するために、Cookie を使用しています。引き続き本サイトをご利用いただいた場合、Cookieの使用に関して同意されたものとみなされます。

高等教育資格

学位一覧

学士

取得要件
大学(学士課程)の卒業、大学改革支援・学位授与機構への申請と所定の審査の合格、又は大学改革支援・学位授与機構が認定する省庁大学校の課程の修了と所定の審査の合格
授与機関
大学、大学改革支援・学位授与機構
標準修業年限
4年
医学・歯学・薬学(臨床目的)・獣医学は6年
必要単位数
124
医学・歯学は 188 
薬学(臨床目的)は 186 
獣医学は 182
ISCED2011(1)
665
医学・歯学・薬学(臨床目的)・獣医学は 766
大学改革支援・学位授与機構の学位は 665(2)
取得後の進学先
大学院専門職大学院
接続可能な資格
修士博士専門職学位

学士(専門職)

取得要件
専門職大学の卒業
授与機関
専門職大学
標準修業年限
4年
必要単位数
124
ISCED2011(1)
未定
取得後の進学先
大学院専門職大学院
接続可能な資格
修士博士専門職学位

短期大学士

取得要件
短期大学の卒業 ※2006年以降の短期大学卒業者に授与
授与機関
短期大学
標準修業年限
2年又は3年
必要単位数
62(標準修業年限が2年の場合)
93(標準修業年限が3年の場合)
ISCED2011(1)
544
取得後の進学先
大学への編入学、専門職大学への編入学
接続可能な資格
学士学士(専門職)

短期大学士(専門職)

取得要件
専門職短期大学の卒業、又は専門職大学前期課程の修了
授与機関
専門職短期大学、
専門職大学の前期課程修了者(前期・後期課程を置く専門職大学の場合のみ)
標準修業年限
2年又は3年
必要単位数
62(標準修業年限が2年の場合)
93(標準修業年限が3年の場合)
ISCED2011(1)
未定
取得後の進学先
大学への編入学、専門職大学への編入学
接続可能な資格
学士学士(専門職)

修士

取得要件
大学院(修士課程、博士課程前期)の修了、又は大学改革支援・学位授与機構が認定する省庁大学校の課程の修了と所定の審査及び試験の合格
授与機関
大学院(博士課程前期)、大学改革支援・学位授与機構
標準修業年限
2年
必要単位数
30
ISCED2011(1)
767(2)
取得後の進学先
大学院(博士課程後期)
接続可能な資格
博士

博士

取得要件
大学院(博士課程)の修了、又は大学改革支援・学位授与機構が認定する省庁大学校の課程の修了と所定の審査及び試験の合格
授与機関
大学院(博士課程後期)、大学改革支援・学位授与機構
標準修業年限
5年
必要単位数
30(修士の学位若しくは専門職学位を有する者は不要)
ISCED2011(1)
864(2)
取得後の進学先
-
接続可能な資格
-

専門職学位

修士(専門職)

取得要件
専門職大学院(法科大学院、教職大学院を除く)の修了
授与機関
専門職大学院(法科大学院、教職大学院を除く)
標準修業年限
1-2年
必要単位数
30
ISCED2011(1)
767
取得後の進学先
大学院(博士課程後期)
接続可能な資格
博士

法務博士(専門職)

取得要件
法科大学院の修了
授与機関
法科大学院
標準修業年限
3年
必要単位数
93
ISCED2011(1)
767
取得後の進学先
大学院(博士課程後期)
接続可能な資格
博士

教職修士(専門職)

取得要件
教職大学院の修了
授与機関
教職大学院
標準修業年限
2年
必要単位数
45
ISCED2011(1)
767
取得後の進学先
大学院(博士課程後期)
接続可能な資格
博士

称号一覧

準学士

取得要件
高等専門学校の卒業
授与機関
高等専門学校
標準修業年限
5年
5.5年(商船に関する学科)
必要単位数
167
147(商船に関する学科)
ISCED2011(1)
554
取得後の進学先
高等専門学校(専攻科)、大学への編入学、専門職大学への編入学
接続可能な資格
学士学士(専門職)

専門士

取得要件
以下の要件を満たした課程で、文部科学大臣が認めたものを修了
  1. 修業年限が2年以上
  2. 全課程の修了に必要な総授業時間数が1700単位時間、又は総単位数が62単位以上
  3. 成績評価に基づいて課程修了の認定を実施
授与機関
専門学校
標準修業年限
2年
必要単位数
62
ISCED2011(1)
554
取得後の進学先
大学への編入学、専門職大学への編入学
接続可能な資格
学士学士(専門職)

高度専門士

取得要件
以下の要件を満たした課程で、文部科学大臣が認めたものを修了
  1. 修業年限が4年以上
  2. 全課程の修了に必要な総授業時数が3400時間以上、又は総単位数が124単位以上
  3. 体系的な教育課程の編成
  4. 成績評価に基づいた課程修了の認定
授与機関
専門学校
標準修業年限
4年
必要単位数
124
ISCED2011(1)
554
取得後の進学先
大学院、専門職大学院
接続可能な資格
修士博士

(1) ISCED2011: 国際教育分類(ISCED: International Standard Classification of Education)は、ユネスコ統計研究所(UIS: UNESCO Institute of Statistics)が開発した世界の教育課程に関するデータ比較のために用いられる枠組みで、国連の国際的経済・社会指標群(United Nations International Family of Economic and Social Classifications)のひとつ。1976年にユネスコ総会で採択され、現在は2011年の改訂版が用いられている。ISCED2011は、各教育課程が提供する資格の分類に用いられる。分類はレベル0~8の9段階で、高等教育(tertiary level)相当はレベル5~8となる。さらに、課程の性格に沿ってカテゴリーとさらに細かいサブカテゴリ―に分けられ、「レベル」「カテゴリー」「サブカテゴリ―」を表す3桁の数字で分類される。

(2) 大学改革支援・学位授与機構が授与する学位について、単位積み上げ型の学位の場合はISCED分類が該当しない。省庁大学校等機構認定の教育施設の課程修了者への授与の場合は、学生がISCED665、修士がISCED767、博士がISCED864に該当する。

大学改革支援・学位授与機構の学位授与

大学改革支援・学位授与機構は、高等教育段階の様々な教育機会における学習の成果を評価し、大学卒業者・大学院修了者と同等の学習を修め、かつ同等以上の学力を有すると認められた者に対して学位の授与を行っている。その学位授与には、(1)短期大学・高等専門学校卒業者等を対象とする単位積み上げ型の学位授与、(2)大学改革支援・学位授与機構認定の教育施設の課程修了者への学位授与の2種類がある。

(1)短期大学・高等専門学校卒業者等を対象とする単位積み上げ型の学位授与

大学改革支援・学位授与機構は、高等教育機関において一定の学習を修め、その成果をもとにさらに大学の科目等履修生制度や機構が認定した専攻科で所定の単位を修得し、機構の審査の結果、大学卒業と同等以上の学力が認められた者に対して学士の学位を授与している。

  ▶ 詳細は大学改革支援・学位授与機構ウェブサイト 参照。

(2)大学改革支援・学位授与機構認定の教育施設の課程修了者への学位授与

大学改革支援・学位授与機構は、省庁大学校の課程を学校教育法、大学設置基準、大学院設置基準等に照らして審査し、大学の学士課程、大学院の修士課程又は博士課程と同等の水準にある課程を認定している。この課程の修了者からの申請に応じ、機構での審査を経た上で学位を授与している。認定を受けた課程には、原則5年ごとに教育の実施状況等の審査(レビュー)を行い、教育水準が維持されていることを確認している。

  ▶ 詳細は大学改革支援・学位授与機構ウェブサイト 参照。